たま江? 







e0238623_22061649.jpg


私、気持ちよく寝ておりましたのに、、


なにやら外にカメラマンが大勢詰め掛けて、、、


こんな品行方正な私になにを聞こうっていうの???





e0238623_22044769.jpg


ハハ〜〜ん、江ノ島に住んでるからって

モデルをやれってことね、、

この手のカメラマンさん多いのよね


でも今日のおばさんたちは気が利いてるわ

モデルフィーにおやつをくれるのね

e0238623_22053277.jpg

う、うんめ〜〜〜


チーズとささみ味ね

私の大好物よ

だってうちのご主人様


ほら、しらすばっかりよ

e0238623_22073459.jpg

ではでは ちゃんと努めさせていただくわよ

両手を揃えて

どうぞよろしく


べっぴんさんに撮ってよ!

私の自慢はこの真っ白な足袋なんだからね



わたしの名前? 江ノ島生まれの たま江でございます (定かではありません)









# by lapislazuli54 | 2017-09-03 22:26 | Trackback | Comments(8)

灯りが素敵なカフェなのに

e0238623_16480538.jpg





e0238623_16493077.jpg



アンティークの家具やインテリアに囲まれたおしゃれなお店なのに

切り時かたを間違えると学校給食のようになってしまう、、

食べ物はやっぱり苦手、、、

まだまだ修行せねば  失礼しました〜



# by lapislazuli54 | 2017-08-31 16:52 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)

写真日記







夏休みの宿題を提出しました。

宿題は毎日写真を撮ること、そしてそれを写真日記にまとめること(言葉を添えて)

個性的に、、、

ということで私が考えてのは、毎日自分の足元を撮ること。
靴を見ればそのひどんなところへ行って何をしたのか伝わるのでは、、、と考えたのです

しかし初日から難しかった、、、
足元を撮れば当然床しか映らず、、、それならばと足を上げて足を入れる作戦に出たのです、、、







結果、、、ブックにまとめるとまあ、それなりにまとまってみんなから笑いを取りました。

先生の狙いは撮り続けることによって見えてくる自分らしさの追求にあったようで、あと写風の統一も狙いだったようです。
そしてわざわざ撮りに行かなくても日常の中に潜む自分らしい被写体の見つけ方、、、みたいな、、、そんな感じでした。





いちお合格点はいただけたのでちょっとだけ紹介。














e0238623_20054535.jpg






e0238623_20055343.jpg







e0238623_20060117.jpg









e0238623_20064792.jpg
























宿題を提出してからホッとするのもつかの間、、、

先生が一言

「みんな 今日でお終いじゃないからね〜 明日からもずっと毎日続けてくださいね」とニッコリ

私、もう無理〜〜どこでも足あげて自撮りする生活、、、 

「まあ、しかたないわね、、、、テーマを変えてもいいけど、、、」ってお許しをいただいて毎日日常を撮り続ける日々です

いつか力になると信じて、、、

自分探しの旅は続きます。



# by lapislazuli54 | 2017-08-29 23:30 | その他 | Trackback | Comments(6)

旅の食事

e0238623_11022352.jpg
マルコポーロ ホテルの方が教えてくだいました。怪しいお店ではありませんよ〜(笑)









e0238623_00042934.jpg





ドブロクニクについて初めて食べたのがここ「マルコポーロ」

創作イタリアンというところでしょうか

ラビオリ(ジェノベーゼがかかっています)ズッキーニとクリームチーズのサラダ、

白トリュフとエビのショートバスタ

初めて口にした料理が美味しいとその土地の印象がぐっと良くなりますよね

まさにその夜はこの料理にやられました!


e0238623_00002021.jpg







これが美味しくて美味しくて想像以上でした もちろんビールとワインで乾杯です


e0238623_11083976.jpg













翌日のランチはフォーストフードのお店『バルバ」
e0238623_00001300.jpg








人気店「バルバ」 イカスミのバンズの中はエビたっぷり、
そしてたことトマトのサラダ。このたこが柔らかくて美味しかった〜〜このバンズ大きくて
二人でシェアしてちょうどいいんです


e0238623_23594668.jpg















e0238623_10510936.jpg







e0238623_10511461.jpg





e0238623_00050662.jpg





「モビーディック」クロアチア料理を出してくれるコノバと言われるお店。


ちょっとここでグーグル先生に教えていただきましょう





 食堂の分類はイタリア(リストランテ、トラットリア、ピッツェリア)と同じく、レストラン(restoran)、コノバ(konoba)、ピッツェリア(pizzeria)に分かれており、その役割もほぼ同じです。
 内容や形式にもこだわった正式な食事はレストラン、実質的でお得な食事はコノバ、軽食や空腹を満たす場合ならピッツェリア、となりますが、特にレストランとコノバの差はあまり大きくはありません。
 クロアチア人は日常的に外食しないため、外食と言った時点で「特別なこと」になります。だからコノバの料理も十分美味しく、お値段もそれなりです。それでもイタリアよりは物価が安く、一人3000円程度で満足する食事を楽しめます。


e0238623_00022749.jpeg





これはミシュラン一つ星のCopun

e0238623_00023140.jpeg





熱中症気味の体にもカラマリにレモンをぎゅっと絞って、、

元気が出ました〜〜お水が美味しかった 外は36度の猛暑でした

それでも皆さんテラス席を希望されて、、私たち親娘だけがクーラーのガンガン聞いた地下のお部屋でいただきました




e0238623_00021728.jpeg








e0238623_00022115.jpeg
e0238623_00022580.jpeg

ドブロクニク最後の夜がミシュラン一つ星の「タブリン」
旅では生牡蠣を口にしないことと決めていたのですが
隣の少年がムール貝をバケツ抱えて食べていたのでごくり、、

「生牡蠣一つだけくださ〜い」と言ってしまいました

ワインに最高でした

e0238623_00064916.jpg

e0238623_18431757.jpg






これはザぐレブのレストラン

最後だから白トリュフをたっぶり使ったポークステーキにしました




e0238623_11114584.jpg





e0238623_00021315.jpeg






e0238623_10511909.jpg

カフェもおしゃれ、カップもちょっと北欧風デザインです



レストラン選びも良かったのかもしれませんが(娘の手柄!)今まで色々な
ところに旅して今回ほど食事が美味しいと思ったことはありません。
クロアチアの食文化を見直しました

そして庶民に優しいリーズナブルな値段というのも魅力でした
決して物価が安いというわけではないように思いましたが、、食材が豊かな証拠でしょう
アドレア海で取れた海の幸、野菜の甘み、トリュフ、塩、ワイン 大満足の旅でした


# by lapislazuli54 | 2017-08-26 10:59 | 食べ物 | Trackback | Comments(10)

暮らし


旅の終わり⑨

    



                
e0238623_22392461.jpg




e0238623_22384846.jpg

どの国へ行っても青空いちばを覗くのが好きです

威勢のいい声が聞こえてその土地の生活の匂いがするので

野菜選びに真剣なおばちゃま、、、みんな一緒です


e0238623_17260894.jpg


少し歩くとこんな公園もあります

ザグレブの街は本当に意心地がいい

e0238623_15364083.jpg

世界一短いケーブルカーに乗りました。

この上から街がよく見えました

e0238623_17193464.jpg
最後は青いトラムと消火栓

見つけた時は密かに小躍りしました

そそっと近づくと、、、娘が

「やっぱりね、、撮ると思ったよ もうお母さんの行動はお見通しよ!」

こんな大好物、撮らないで素通りできますかあ〜



長いあいだお付き合いくださいありがとうございました。

明日からサモナイ日常に戻りますがまた遊びに来てください



# by lapislazuli54 | 2017-08-23 09:37 | ギリシア・クロアチア | Trackback | Comments(10)