人気ブログランキング |

死ぬまでに一度は見たい絶景  


涸沢カールは登山をする人もそうでない人にも憧れの場所です。


横尾山荘から気を入れ直して登山に入りました

初めはなだらかな登り、、これなら楽勝じゃない?、、って思ったら川を渡ると急な岩場の登り、、

相変わらず、慣れない荷物の重さが肩に食い込みます。

初めて使うリュックは体に沿ってくれず、なんとなく違和感が出てきます。


でもあと3時間頑張れば憧れの紅葉が観れる、、、頑張ろう!自分で自分を励ますしかありません。


死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12233697.jpg




体力のない登山初心者の私は登りながらしょっちゅう休憩をとりますが

いつも慰めてくれるのは植物、、、こんな植物を見てカメラを撮りだして写真を撮ると疲労回復!元気百倍になります。

疲れて口数が少なくなり、足の歩みも遅くなると主人は「写真撮るか?」と声をかけてくれます。笑

わかりやすい私です



死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12250097.jpg




頂上に近ずくとだんだん美しい紅葉が現れてきます

でも登りの山道の1時間は長い、、まだかまだか、、と一歩一歩足を運びます。2000メートルを超えると

空気も薄くなんとなく苦しくなってきます。頭も重く、、、




下山してくる人に『あと10ふんくらいですか?」と言うと「う〜〜ん、もうちょっとかな? 頑張って!」と声をかけてもらい

その最後の15分がめちゃめちゃきつかった。 最後の体力を振り絞ると言う感じです。

そしてようやく 涸沢カールに着きました やった〜〜!! 


 朝5時半にバス停をスタートして着いたのが12時半 7時間もかかってのゴールです。

              
死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12354873.jpg



一休みするまもなくテント場の確保、コンパネの確保、設営です。少しは手伝いますが、

テント張り大好きの夫に任せて私は初めての涸沢ヒュッテやロッジ、辺りの散策です。

死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12335708.jpg






死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12545202.jpg







死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12574517.jpg


本当にどこを撮っても美しく、ずっとずっと眺めていたい絶景でした。 日が暮れるまでボ〜〜っと紅葉を眺めていよう

歩いてきてよかった なんどもなんども休んだけどこの景色は頑張った人しか見ることのできない景色だから、、心に刻んで帰りましょう





死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_12540012.jpg

涸沢ヒュッテで驚くことがありました。
唐松岳の山小屋で食事をした時に偶然、夜ご飯も朝ごはんもお向かいに座った女性二人がいました。
山小屋の食事は50人くらい入る食堂で15分刻みに席につかされます(笑)
それが2回も同じ席だったのでお向かいの女性と笑ってしまい「ご縁がありますね〜」と山の話を色々した方がいました。
なんとその女性二人と涸沢ヒュッテの前でばったりとお会いしたのです。もう3人でハグしてしまいました。
今回は私はテントはくなのよ、、、とお二人をテントまでお呼びして、また山談義。
山ではあるあるらしいのですが、そんな偶然にすっかり感激してしまった私でした。
お二人は仲の良い山友達で、いつも二人で登るそうです。初めてお名前とメルアドをきいて
今度の写真展にお誘いしましました。次回は東京でお会いしましょう〜と。笑



死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_15163732.jpg
山の時間は下界の時間とは流れが違います

ゆっくりとゆっくりと夜は更けていきました。
そして山の友達が言っていたことがわかります。
山に行くとなんの欲もなくなると、、、笑  
雄大な自然の前に小さな人間が居ます。
その小さな人間の欲なんてちっぽけすぎて
無の境地に入ります。
日が沈むから寝る。日が昇るから起きる、、、実にシンプルな生活しかそこにはありません。





おまけの星空と朝焼け

今回は初めてのテント泊 疲労困憊で夜中に起きて星を撮る元気もないだろうとカメラの三脚もとても持てず、、、
写真は諦めていたのですが、トイレに起きた真夜中にあまりに美しい満天の星空に岩にタオルを引いて
テキトーに15秒開けて撮ってみました。こんなに写るなら次回はちゃんと三脚を持って、、、
いやいやきっと自分の体を上に上げるだけで精一杯、、、三脚はまた置いていくんだろうな、、葛藤です。

死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_13021016.jpg






死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_15173147.jpg









この日の朝焼けは一瞬でしたが優しいピンク色と水色のグラデーションは忘れられない色になりました。



死ぬまでに一度は見たい絶景  _e0238623_13025191.jpg
死ぬまでに一度は見たい絶景に会えて幸せな秋の1日でした。





by lapislazuli54 | 2019-10-13 15:21 | 信州

プロローグ〜涸沢カールへ〜

〜還暦過ぎた夫婦の挑戦〜

何を思ったか最近登山にはまっている



それまで日帰り登山はよくしていたものの、山小屋に泊まって本格的に

登ってみようだととはこれっぽっちも思っていなかった私

でもここ半年通っている写真講座の仲間の刺激もあって

元来の好奇心旺盛な私が顔を出し、先日山小屋泊で唐松岳に挑戦したのです。

その景色の素晴らしさに感動した私たち、、でも山小屋はちょっとキツ過ぎて二度と泊まりたくなく、、、

テントを購入!

さあ初めてのテント泊登山です

プロローグ〜涸沢カールへ〜_e0238623_11231117.jpg


早朝5時半上高地バスターミナルを出発 平坦な道を歩くこと2時間


徳沢ロッジに着きました。

美しい光芒がこれからの私たちを励ましてくれました

何しろ荷物が重い! テントは主人に持ってもらっているとはいえ、シュラフにアンダーシート、着替えと食料、ミラーレスカメラ、、、

40リッターのリュックがパンパンで、ちょっと重心を崩すと後ろに転びそうになります。心して歩かねば、、、

ゼイゼイ、ハアハア、まだまだこれからです
プロローグ〜涸沢カールへ〜_e0238623_11212423.jpg





プロローグ〜涸沢カールへ〜_e0238623_11253808.jpg


梓川のせせらぎを聞きながら歩くその道は平坦で肩にかかる荷物の重ささえなければ最高なのですが、、、

色づき始めた葉っぱも美しくみんな応援してくれているようです

さあ、やっと横尾山荘に着きました。ここからが本格的な登山です。

プロローグ〜涸沢カールへ〜_e0238623_11240660.jpg
橋のたもとの一本の木、、、この木の木陰で一休みして登山に備えます


明日に続く、、、









by lapislazuli54 | 2019-10-13 12:02 | 信州

雲の海

雲の海_e0238623_13542770.jpg






雲の海_e0238623_13544548.jpg


朝4時起床 前日にセットしておいた目的地をめざす

気温は零度 肌を刺すような、、寒さではないがさすがに凍りそうに冷たい空気

目的地についたがゴンドラの乗り場らしきものがみえない 焦る

ここは富士見高原リゾートではないのか?

横で主人が「どこ? スキー場へ行けばいいのでは?、、、、まさか別の場所じゃないだろうね、、」

私「、、、、、あってるはず、、たしか、、きっと、、ちょっと待って電話してみる!」

私「もしもし、、あのう雲海ゴンドラへ乗りたくてきたんですが、乗り場を教えてください」

リゾートのゴンドラ係の方「お客様いまいらっしゃるのはどちらですか?」

富士見高原リゾートです!」

「それは八ヶ岳のほうですよね、、、お客様ちがいますよ。 うちは富士見高原パノラマリゾートです!」

「。。。。。。わかりました すぐにそちらに向かいます!ありがとうございました」

ちゃんちゃん!

 猛ダッシュで向かう事20分、でも早めに出たお陰で5時半すぎのゴンドラに乗る事ができ

余裕で日の出にまにあいましたとさ 笑




by lapislazuli54 | 2016-11-11 14:03 | 信州

水の精

水の精_e0238623_00032816.jpg




水の精_e0238623_00053178.jpg



森の精や水の精 きっといるに違いない 信じています私

いつかきっとみえるはず、、、、

水の精_e0238623_00054137.jpg
           




    しつこく撮り続けていますが、、、今回何故三度も足を運んだか、、

    一日目の朝 4時に起きて夜明け前に着き三脚をセットし準備を始めましたが

    数枚撮った時にOM-D em5の電池がなくなってしまいました。慌てて交換しどんどん

    変わる朝の色を撮ろうとカメラの設定をいじっていたところ、何故か変わらなくなったのです。

    ワンショットでいいのに連写になる?はれ? 絞りを変えたくてもかわらない、、はれ?

    おかしい、、おかしい、、とやっているうちにどんどん池が明るくなり、、

    エエイ、いいやもう!?とばかりcanon6Dに変えました。ところが馬鹿な私 望遠レンズしか
 
    持って来てないのに三脚座を忘れて来た事にきづき、焦りました。 こうなったらisoをあげて

    手持ちでとるっきゃない、、撃沈でした。 OM-Dの設定がかわらなかったのはわかりました。どこ

    をどういじったのかハイレゾショットのモードになっていたのです。ミラーレス、

     新機能がいっぱいついて私まだまだつかいこなせていません。

     トホホ カメラに使われている感じです


    穏やかなさざなみ一つたっていない水面とは相反して私の心はざわざわの

    ドタバタの状態でした。




    そしてその時交換した電池をリュックにちゃんとしまわなかったらしく、落として来てしまうという

    失態をやってしまったのです。ホテルに帰り朝食をとってから9時半くらいにまた池へ行き探しまし

    たがありませんでした。せっかくきたのだからと9時半にまた撮影。 

    その日の夜に撮ったものをみてもどれ一つ満足いくものはなく、、、翌日リベンジの運びとなったわ

    けです。旅行中、電池ひとつでがんばりました。もちろん家に帰ってからポチしましたが、、、

    余計な出費でした。 




にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます     

    







by lapislazuli54 | 2016-09-02 00:28 | 信州

初秋の風

今日から9月ですね 夕方の風は少し涼しく感じます

季節は忘れずにちゃんとやってくる 



過ぎてしまうとあっという間の夏

夏はあまり出かけないので家のことをゆっくりと、、、っておもっていたのに

予定の半分もできていない

結局いい訳ばかりしてダラ〜ダラの生活

寝てばっかり、、、暑さのせいか(ほらまた言い訳)すぐ眠りにおちる

きがつくと一日が終わっていた  9月からはがんばります ハイ

初秋の風_e0238623_00102026.jpg




そんな私も唯一頑張った事があります

この風景を撮る為にこの場所へ4時に起きて三度も足を運びました

納得のいく写真かといわれるとまだまだですが、少し進歩したと実感している次第です(笑)




初秋の風_e0238623_00092964.jpg


どちらが現実なのか、、、すいこまれそうな水の中の世界

もう一つの自分が眠りから覚めて才能を発揮してくれないかと、、、また非現実的な事を思ったり、、、




にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます     








by lapislazuli54 | 2016-09-01 00:14 | 信州

夏の終わりに

夏の終わりに_e0238623_00155904.jpg


夏の終わりにお疲れがでませんように、、、、

ごろりとして秋に備えましょう





夏の終わりに_e0238623_00155165.jpg

蓼科バラクライングリッシュガーデン


夏の終わりに_e0238623_00155387.jpg






夏の終わりに_e0238623_00161823.jpg







夏の終わりに_e0238623_00164811.jpg


お花も少々暑さにまいっているようです

台風も北の方へいったようです

信州の思い出もそろそろ終わりにしましょう。

後一日おつきあいください


こんなノーテンキなことをかいて寝て起きたら、、ニュースをみてびっくり

東北、北海道の台風の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。








にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます     



by lapislazuli54 | 2016-08-31 00:20 | 信州

気品

気品_e0238623_23522264.jpg



信州ですごした4日間、どれだけ花の写真を撮った事でしょう

まだまだありますが、もうすぐ8月も終わります

夏の花もそろそろおいとませねば、、、





気品_e0238623_23525378.jpg

気品あふれるこの娘の横顔が気に入っています

気品_e0238623_23514678.jpg

ちょっとすましてお鼻をつんと高くしている感じが小憎らしいのですが、、


にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます     



by lapislazuli54 | 2016-08-29 23:56 | 信州

涼_e0238623_17112574.jpg
水のある風景   涼

好きな文字で息子の名前にひと文字使っています 笑






涼_e0238623_17173521.jpg

何も手入れされていないのにちゃんと美しく咲く方法をしっている野生の花

憧れます 


涼_e0238623_17114382.jpg

自然の中で花火をみつけて喜ぶわたし

涼_e0238623_17113259.jpg
ここにも花火が、、、





にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます        

by lapislazuli54 | 2016-08-28 17:24 | 信州

萌木の村

萌木の村_e0238623_21121142.jpg
タイトルはそのまんまです。素敵な名前にひかれ清里へ行きました。

木陰でまったりして雑貨やさんをめぐり、アンティークの雑貨を買ったり、、よく手入れされた自然園


大好きなお花も暑い日差しに負けずキレイに咲いていてくれました。





萌木の村_e0238623_21121554.jpg
お庭がきれいなレストラン。焼きたてのピザやパスタ、デザートも

美味しくてお腹も心も満足の時間でした
萌木の村_e0238623_21244527.jpg





萌木の村_e0238623_21114964.jpg
レストランのお庭にレンゲショウマを発見。たった一輪ですが凛と美しく咲いていました。

私が来るのがわかっていた? 笑



萌木の村_e0238623_21122298.jpg



萌木の村_e0238623_21122973.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます        

by lapislazuli54 | 2016-08-25 21:26 | 信州

蒼い朝

蒼い朝_e0238623_14134301.jpg


静かに静かに夜が明けてきました


「今年も二人で来れてよかったね」そんなささやきも聞こえてきそう、、、笑


蒼い朝_e0238623_14182680.jpg


大正池の立木はどんどん減っています 梓川の川幅も狭くなっているようです


変わらずにいてほしい大好きな風景だけど、自然災害や森の変化でそれも難しいのでしょうか、、、





蒼い朝_e0238623_14134658.jpg


早朝からたくさんの人が訪れています。やはり朝もやに包まれた大正池は

神秘のベールをかぶった神聖な池

ここなら、イソップ童話の金のおのにでてくるヘルメス様がいそうな気がします

そして私は欲深く金のおの、、と答えるのでしょう 笑







蒼い朝_e0238623_14134026.jpg




波ひとつない池の上では微動だにしない船 

この船にのったら池の底まで連れて行かれそうなくらいミステリアスな雰囲気でした

蒼い朝を堪能して、ハイキングを始めました ここから明神池までいき河童橋にもどること2万歩。

思い一眼レフをもっていると肩がつらかったけど、最後まで足取りは元気でしたよ

夢は穂高に登る事なんですが、、、いつになったら決行できるかな、、、





にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
よかったらポチッと応援してね! いつもありがとうございます        


by lapislazuli54 | 2016-08-21 14:39 | 信州